<< メキシコからのお便り | main | 思い出の西表島 リーフ編 >>

思い出の西表島 マングローブジャングル編



以前から一度は行ってみたいと思っていた西表島。

フリーになったことをキッカケに今年の4月に遂に実現しました。



奇跡的なタイミングで津波ルアーズ元木さんと同行することも出来て、更にワクワクは増すばかり!!



西表島ではワンオーシャン永井船長にお世話になりました。

カヌーでガイドしてくれるので、トップウォータープラッガーもいつもの感覚で釣りが出来ます。



タックル、ルアーはいつものトップウォータースタイルでも可能ですが、

本気で色々な魚を釣りたいという方は専用のタックルを持参することをオススメします。

小型プラグから1ozクラスまで幅広く使えるモレーナ53が西表島にはベストマッチ!

更にピカパウ57があればルアーサイズによって使い分けが出来ると思います。

来年はこの2本を持って行こうかと真剣に検討中。

とにかく狙える魚が豊富なので、色々な魚を釣るのが好きな方は確実に虜になりますよ〜



メインターゲットのマングローブジャック(ゴマフエダイ)は強烈なファイターで水面を爆発させます!

引きもなかなかのもので、コレくらいのサイズでもドラグを出されます。

小型は気水域にいて河川の上流まで上がってきますが、大型になると海で生息するそうです。

牙が鋭く、赤い体色がとてつもなくカッコイイ魚でした。



南国で定番の魚といえばガーラ(ロウニンアジ)でしょう!

ヒットしてからのダッシュはとにかく早く、そして強烈です。

トップに出た時は一瞬何が起きたか分からないくらい(笑)



古代魚のような見た目のホシマダラハゼ。

国内最大のハゼで意外と珍しいとか?

トップウォーターへ果敢にアタックしてきてちょっとビックリ(笑)



日本でも西表島の限られた河川にしか生息していないテッポウウオ。

まさかこんな魚まで釣れてしまうとはかなりビックリ!

今まで釣った魚の中でもトップクラスに嬉しい魚かも(^^)



八重山諸島、西表島など限られた海域にしか生息していないナンヨウチヌ。

サイズが小さくて苦戦したけど、40cm〜50cmの大型も居るらしい。

こいつもココでしか釣れない魚ということで嬉しかった〜



釣り上げるとグウグウ鳴くというコトヒキ。

ルアーに反応しなさそうな感じの魚かと思いきや、意外と反応が良かった気がする。

ちょっと外道っぽいけど釣れたら何でも嬉しいのだ(笑)



河川で釣れる魚は結構釣ることが出来たのですが、唯一釣れなかったのはパシフィックターポンでした。

状況によっては群れで集まってくるらしく、ルアーにも反応するらしい。

こいつは次の機会の楽しみにしておきます!
pesca depot 釣行記 | permalink | - | - | - | -