<< ボートメバルの前に春バス狙い! | main | 4月の営業について >>

関門ボートメバル groove

漁港や磯でメバルを狙っていましたが、今回は初のボートメバルに挑戦です!

北九州の関門海峡で人気のgroove加藤船長のお世話になりました。

メバルだけでなく様々な魚種を狙わせてくれる頼もしい存在です。



関門海峡はとにかく潮流が早く、他のエリアとは違った釣り方が特徴的でした。

特に違いを感じたのはジグヘッドの重さが2〜3gに2.5インチのワームを使用して、

底から5cm〜10cmをドリフトさせながら釣っていくというスタイルでした。



初めての釣り方で僕とシゲさんは大苦戦(笑)

船長と常連の方は26〜27cmをボコボコ釣っているのに二人には釣れないという腕の差を痛感!

シゲさんは敢えて軽いジグヘッドに変えて中層ドリフトで釣られていましたが、

良型はレンジが深かったようで船長達のようには釣れなかったです。(激流ライトリグは奥が深い)

難しいけど面白かったので、これはまたしっかりと挑戦したくなりましたね。



潮流が少し緩くなってきたらメバルプラッギングをスタート。

基本的には常夜灯の明暗部分を狙うのですが、ここではキャスティング精度が問われます。

岸壁にベタピンに入れて、わずかな明暗部分で食わせるイメージです。(明るいところは小型しか釣れない)

ガンシップ45Fをグリグリと巻いて浮上させながらのドリフトが効きました。

関門海峡はジグ単でもプラグでも上手くドリフトさせることが特に重要に感じました。



エリアによってはボイルをしているので、トップウォーターも効果的でした!

安定のメバペンはメバルプラッギングにはマストですね〜



ピットスティックをドリフトさせながらスローリトリーブさせていると連発!

細身なので他のプラグよりもフッキング率が高くてなかなか良い仕事をしてくれました。

トップで何発も出ていてもある程度攻めているとスレて来るのかバイトが無くなります。

そんな時はミノーやシンキングペンシルに変えてルアーローテーションさせるのが正解でした。



水面が荒れているエリアは大型のプラグがアピール力も高くハマりました〜

こんな時こそ我らのヘドンが大活躍!!



ザラパピーでも連発したりとかなり楽しめて満足でございます。

こんなサイズでもしっかり食ってくるメバルはエライ(笑)

ザラパピーやメバペンマグナムはボックスに1個は入れておくことをオススメします。

小さいルアーよりも大きなルアーがハマるシチュエーションが間違いなくあると思います。



あっという間のボートメバルの締めくくりは、シゲさんのシーバスとなりました。

メバペンマグナムにドッパーンと出た瞬間に強烈なエラ洗い!

アジングタックルのPE0.4号のスリリングなやりとりは楽しかったことでしょう(笑)

メバルプラッギングは春まで楽しめるので、また近々挑戦しようと思います!
pesca depot 釣行記 | permalink | - | - | - | -