<< 極寒のボートメバル | main | ボートメバル爆釣からの落差が・・・ >>

抜群の組み合わせ

関門海峡のジグ単のドリフト釣法は重さやヘッド形状がとても重要!

特にアフターの時期になると2〜3gのジグ単が必要になってきます。

レンジが深くなるそうなので、ベイトフィネスのキャロも有効と去年お聞きしました。(詳しくはこちら



先日はメバルのレンジが浅かったので1.5gも有効でしたが、

徐々にメバルのレンジが下がってきたら2gがかなりハマり連発!

フォールでしっかりとメバルにアピールしたい時は、

ジャングルジム/カルーセル×ストーム/五目ソフトミノーが最強です。

この組み合わせは流れの中でもフォール姿勢が安定するというのがキモなのです。

グルーヴに乗る時は絶対にお忘れなく!



ライトゲームはやり込めばやり込む程に奥が深くて面白いですね〜

釣るためには適切なタックルも重要ですが、潮や風の状況なども考えないといけません。

色々な釣りを経験しておけば、別の釣りでもヒントになることが多いと思います。

ライトゲームはやり始めたばかりなので、もっと理解出来るまで釣りに行きまくろう!

とりあえず五目ソフトミノーはなかなか売ってないから仕入れなくては(笑)
Diary | permalink | - | - | - | -